現場ブログ|ナタリールーフ|入間市・狭山市密着の屋根リフォーム・雨漏り専門店ならお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 ナタリールーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-905

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日年中無休
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 塗装できない屋根材”パミール”の施工方法

塗装できない屋根材”パミール”の施工方法

スタッフブログお悩み

2022.10.21 (Fri) 更新

皆様こんにちは!
入間市・狭山市・飯能市・所沢市に地域密着の屋根リフォーム専門店 ナタリールーフです。

地域の皆様に、屋根リフォームで失敗しないために屋根に関する基礎知識をご紹介させていただきます。

 

屋根リフォームには屋根塗装や屋根葺き替え工事、屋根カバー工法などがありますが、
屋根材の中には、塗装できない屋根材が存在します。

今回は塗装できない屋根材の代表格であるニチハの”パミール”についてお話しさせていただきます。

 

~~塗装できない屋根材”パミール”とは!?~~

 

パミールとは、1990年後半〜2004年頃までに製造・施工された屋根材のほとんどは、アスベストの健康被害を危惧し、2004年に定められた規制をクリアする為にアスベストを使用せずに製造・販売されたノンアスベスト屋根材です。

特徴としては、屋根材の裏面に湿気が溜まり防水紙や固定している釘に悪影響を与える、

・屋根材がズレたり脱落する

・雨水が滞留しやすい下端の小口が変色してくる

・下端の小口を中心に剥離し始める

・剥離が左右の端にも拡がりミルフィーユのように何層にもわたる

・剥離し、弱くなった部分が崩れ始める
というような数々の劣化症状が徐々に進行していきます。


目次

1.パミールが塗装できない理由

2.  劣化症状

3.  メンテナンス方法
  ➢屋根カバー工法
  ➢屋根葺き替え工事


1. パミールが塗装できない理由

なぜパミールは塗装ができないと言われているのでしょうか。
通常、カラーベストの屋根は約10年に一度はメンテナンスが必要で、撥水性を失わないため塗装工事を行い、新たな塗膜で保護してやります。
しかし、パミールの場合、塗装でメンテナンスをしても延命ができないのです。

現場調査をした建物で「パミール」を使用していた屋根では「層間剥離」といってパミールがまるでお菓子のパイのように膨らんで、今にも剥がれそうになっていました。この状態で塗装しても全く意味をなさないどころか、塗装前の高圧洗浄でバラバラになるリスクのほうが高いです。

塗装できない屋根材はパミールの他にも存在します。

その他の塗装できない屋根材の紹介はこちらのブログをお読みください

塗装をオススメしない屋根材!!!!こんな屋根は注意です!

2.劣化症状

パミールで報告されている劣化症状は主に2つあります。

層間剥離

パミールのような塗装できない屋根材は劣化が進むとお菓子のパイのように膨らみ、ミルフィーユ状の層が剥がれていく、最も特徴的な劣化症状です。

釘の腐食・屋根材のズレ

パミールに使用されている釘の中には、メッキ処理が薄いものが混入しています。
このような釘は腐食、サビが発生しやすく、同時に屋根材のズレも起きてしまいます。
屋根材がズレると最悪の場合、落下して人身事故や物損事故などにも繋がるため、とても危険な状態です。
釘の腐食により、屋根材のズレや落下の危険性が高くなるので、早めのメンテナンスが必要です。

3.メンテナンス方法

パミールは塗り替えを行ってもメンテナンスにはなりません。
普通のスレート(コロニアル、カラーベスト)屋根の場合は屋根塗装によるメンテナンスを定期的に行うことで屋根の寿命を延ばすことができますが、パミールは不可能です。
塗り替えを行っても塗膜ではなく屋根材自他が剥離してしまいますので、メンテナンスにならないのです。
パミールの場合は屋根カバー工法または屋根葺き替え工事を行うことがおすすめです。

パミールはお手入れをしても寿命を延ばすことができないため、メンテナンス内容の選択肢は必然的に
屋根カバー工法もしくは屋根葺き替え工事になります。

➀屋根カバー工法

カバー工法とは、既存のパミールの上から板金をかぶせて保護していく工法です。
パミールの撤去と処分費がかからないため、コストを削減できる部分がメリットの一つです。

ただ、あまりにも劣化が進み、層間剥離で膨れ上がった状態までいくと施工は不可能です。

Befor(塗装できない屋根材 パミールの屋根カバー工法前)

After(塗装できない屋根材 パミールの屋根カバー工法後)

埼玉県所沢市T様邸 ニチハ横暖ルーフαS 雨樋交換パナソニックシビルスケアPC50

 

②屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工法とは、劣化したパミールをすべて撤去し、新たな屋根材で葺きなおす工法です。
代表的な屋根材は瓦やカラーベスト、ガルバリウム鋼板などがあります。

カラーベストは、折角葺き替えても約10年ごとに塗装工事が欠かせないので、軽くてメンテフリーなガルバリウムが人気です。

ただ、どの種類の葺き替えでも、既存のパミールの撤去と処分費用が高額のため、屋根カバー工法と比較するとコストが高くなります。

Befor(塗装できない屋根材 パミールの屋根葺き替え工事前)

After(塗装できない屋根材 パミールの屋根葺き替え工事後)

埼玉県入間市Y様邸 スレート屋根葺き替え工事 ニチハ 横暖ルーフαS

 

本日は塗装できない屋根材”パミール”についてご紹介させていただきました。
お家の屋根材が塗装できない屋根、パミールかどうかは経験豊富な屋根工事業者であれば見極めることができます。

契約後に施工に関してトラブルが発生してしまった、屋根材の種類が分からず補修方法を決めかねている、お住いの屋根がパミールのような塗装できない屋根材なのか不安といった方や、ここ数十年屋根のメンテナンスを行ったことのない方はぜひ一度ナタリールーフの無料屋根点検をご活用ください。

 

入間市の屋根リフォームの相場を知りたいならまず!

ナタリールーフの無料見積もりを取ってみてください!

屋根リフォームの相場を知るためにもまずは見積もりを取ることをお勧めします!

また見積もりを取る際は一社だけではなく、3社ほど見積もりを取ることをお勧めします。

ナタリールーフでは見積もり無料です!

是非お気軽にお問い合わせください!

入間市・所沢市・飯能市・日高市・狭山市で屋根リフォームをお考えならぜひ!

地域密着の屋根リフォーム専門店ナタリールーフにお任せください!

地域密着で活動しているからこそ、すぐに駆けつけることができます!

無料屋根診断はこちら

 

◆埼玉県入間市にショールームオープン!

WEB来店予約&ご来店で

QUOカード500円分プレゼント!

みなさまからのお問合せ心よりお待ちしております!

フリーダイヤル 0120-303-905

〒358-0002 埼玉県入間市東町1丁目6-5-2F

電話受付/9時~18時   年中無休

また、弊社の現場ブログ施工事例では今回お伝えしきれなかった
工事の詳細までご紹介しております!

施工事例はこちら!

是非ご覧ください!

ご来店予約

診断無料

0120-303-905 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介