施工事例|ナタリールーフ|入間市・狭山市密着の屋根リフォーム・雨漏り専門店ならお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 ナタリールーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-905

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日年中無休
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 所沢市N様邸 屋根カバー工事 ニチハ横暖ルーフαS 外壁上塗り マックスシールド アステックシリコンREVO

所沢市N様邸 屋根カバー工事 ニチハ横暖ルーフαS 外壁上塗り マックスシールド アステックシリコンREVO

2024.05.12 (Sun)

施工前BEFORE
施工後AFTER

所沢市N様邸 施工データ

工事内容

屋根カバー工事 ニチハ 横暖ルーフαSちぢみ Cブラック

外壁塗装工事 アステック シリコンREVO1000 ホワイトリリィ

 

築年数 築33年
施工日数 25日間
工事金額 170万円
メーカー・商品

ニチハ 横暖ルーフαSちぢみ Cブラック

アステック シリコンREVO1000 ホワイトリリィ

この施工事例と類似の条件で見積を依頼する

お客様のご要望

築年数も経ち、屋根や外壁の劣化が気になると言うことでお問い合わせ頂きました。

担当者より

営業

担当営業 樋口 健

屋根・外壁共に経年劣化が気になると言うことでしたので、早速調査に取り掛かります。

まずは屋根に登り、現状の屋根の状態を調査していきます。

基本的に弊社では必ず登れる屋根材かしっかりと見極めてから屋根に登り、屋根の状態を確認しています。屋根専門店として、私自身も屋根職人の経験があるからこそ、屋根に登らず高所カメラで見た屋根だけでは屋根の状態が判断できない為、弊社では現地調査を徹底しております。

※よく訪問販売の業者が屋根に異常があるから上がらせてほしいと尋ねてくることがありますが、どこのどんな業者かわからない人をご自宅の屋根に上がらせるのは、おすすめできません。屋根上が見えないのをいいことに、棟板金故意剥がしたり瓦割ったりと悪質な被害が多く見られます。

屋根が気になるような場合は、弊社のような専門店にお問合せください。

↓スレート屋根のメンテナンス時期について解説

屋根のメンテナンス時期〜スレート屋根〜

施工前の状態

屋根

横暖ルーフ 施工前

横暖ルーフ 施工前

棟板金の釘が抜けてきています。

横暖ルーフ 施工前

屋根は、スレート屋根材でした。築30年以上ということもあり経年劣化が進んでいました。

ヒビ割れ等は見受けられなかったものの、表面の塗膜が薄れ苔や藻が全面に発生していました。苔などが発生するということは、スレートの防水塗膜が機能していないということです。

また棟板金の釘が抜けかけている箇所が多数見受けられました。棟板金の下地材である貫板が経年により痩せてしまっているからだと思われます。この状態ですと、台風などの強風の際に棟板金が飛ばされてしまう危険性もあります。

外壁

外壁 施工前

外壁 施工前

外壁は、モルタル外壁でした。

全体的にチョーキング(白亜化現象)が進んでいました。チョーキング

チョーキングとは、外壁を指で触った際に白い粉がつくことをいいます。雨や紫外線により塗料に含まれる合成樹脂が分解され、塗料に含まれる顔料が粉状になって表面に現れる現象です。放置しているとクラックも徐々に広がり、内部に雨水が侵入する恐れがあります。

また外壁塗装はお家の美観にだけではなく、紫外線や雨風からお家を保護する防水の役割も果たします。塗料によっては、低汚染性防カビ遮熱などの機能で長期的にお家を守ることが可能です。

使用塗料や周辺の環境などによって劣化の度合いは変わってきますが、外壁は10年〜13年に一度の塗装工事推奨しています。

ご提案内容

以上の調査結果をお客様にご報告した上で、屋根は築年数やスレート屋根材の劣化も鑑みて屋根カバー工法をご提案。

屋根カバー工法とは、既存の屋根材の上から新しいルーフィング(防水紙)と屋根材を被せる工法です。

屋根塗装では、ルーフィングのメンテナンスは出来ませんが、屋根カバー工法ならルーフィングを新しくすることが出来るのが最大のメリットです。

外壁も多数のクラックが発生しているので、早めのメンテナンスが必要と判断し、外壁塗装も併せてご提案させて頂きました。

使用材料

屋根カバー工法に使用させていただくルーフィング(防水紙)は

TAJIMAルーフィング ニューライナールーフィング です。

ニューライナールーフィング

↓TAJIMAルーフィング ニューライナールーフィングオフィシャルサイト

https://www.tajima.jp/juken/index02_02.html

改質アスファルトルーフィングの先駆けとなった、防水性・耐久性共に他の追随を許さない、最高級の品質を誇る下葺材です。改質アスファルト層を不織布と原紙で挟み込むことで、改質アスファルト本来の性能を十二分に発揮します。 表面に防滑特殊塗料を使用しているため、防滑性に優れています。

↓ニューナイナールーフィングについて詳しく解説

ニューライナールーフィングとは

ルーフィングの上に使用させて頂く屋根材は  ニチハ 横暖ルーフαSちぢみ Cブルー です。

横暖ルーフαS

ニチハ横暖ルーフシリーズは、超軽量・超高耐候・遮熱GL鋼板の屋根材で遮熱性・遮音性にも優れている非常に優れた屋根材となっております。

メーカー保証も最大25年の長期保証となっており、ナタリールーフの自社保証も15年付けさせて頂いております。

↓今回使用の横暖ルーフαSの施工の様子です。(動画は葺き替え工事ではなくカバー工法ですが施工方法は変わりません。)

次に外壁塗料です。アステックペイント シリコンREVO1000-IR(遮熱塗料)を使用。

アステックペイント シリコンREVO

建物を永く美しく守るために作られた次世代型ハイクラスシリコン塗料〈シリコンREVO1000ーIR〉

耐候性・低汚染性・遮熱性 3つの革命を実現するためにこだわり抜かれた水性形一液外壁用遮熱シリコン系上塗材です。

↓アステックペイント シリコンREVO1000ーIRオフィシャルサイト

https://astecpaints.jp/feature/silicon_revo/

期待耐用年数は13年~16年、自社保証も6年付いています。

それでは、施工の様子をご覧ください。

 

↓少しでも屋根・外壁・その他ご自宅のことが気になった方は簡単1分で無料見積もり❗️    

無料見積もり

施工前、施工後写真

施工前BEFORE
施工後AFTER

工事写真レポート

  • 足場着工
    足場の組立作業です。
    弊社では、安全と職人の作業効率を考えビケ足場を使用しております。
    落下や飛散などないよう、しっかりと養生シートを張ります。
  • 高圧洗浄 屋根
    まずは、高圧洗浄です。
    屋根もカバー工法する前に苔や汚れを落として綺麗な状態にします。
  • 高圧洗浄 雨樋
    上部の方から洗浄していきます。
    雨樋もしっかり洗浄していきます。
  • 高圧洗浄 軒天
    軒天も丁寧に洗浄します。
  • 高圧洗浄 外壁
    外壁の汚れも綺麗に落としていきます。
    高圧洗浄で下地を綺麗にすることで塗料の食いつきも良くなります。
  • 高圧洗浄 雨戸戸袋
    雨戸戸袋の汚れも落とします。
  • 高圧洗浄 下屋根
    下屋根の瓦棒屋根も洗浄します。
  • 高圧洗浄 土間
    塗装は、しませんが土間のタイルも洗浄します。
  • 養生
    高圧洗浄後、乾燥させてから塗装の養生に入ります。
  • 養生
    窓のサッシや玄関などの非塗装部に塗料が付着しないよう、養生を行います。
  • 軒天塗装 マルチエース
    軒天を塗装します。
  • 軒天塗装 マルチエース
    軒天2回塗り
    アステック:マルチエース
  • 外壁塗装 下塗り
    外壁塗装に入ります。
    まずは、下塗りからです。
  • 外壁塗装 下塗り
    アステックペイント:エポパワーシーラー
    外壁塗装は下塗りが非常に重要です。
    塗り残しが無いようにローラーで丁寧に塗ります。どれだけ高耐候な塗料を使用しても下塗りを疎かにすると本来の耐久性を発揮できません。
  • 外壁塗装 中塗り
    下塗りがしっかりと乾いたら主材の塗料をムラにならないよう、塗布していきます。
  • 外壁塗装 中塗り
    中塗り アステックペイント シリコンREVO1000-IR
  • 外壁塗装 上塗り
    中塗りが乾燥したら仕上げの上塗りです。細かい箇所は、刷毛を使用して塗ります。
  • 外壁塗装 上塗り
    塗装は、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗って初めて本来の耐久性を発揮します。
    職人の技術や仕事への姿勢に大きく左右される非常に繊細な作業です。
  • 破風塗装 ケレン
    破風の塗料が剥離しているので、金ブラシで整えていきます。
  • 破風塗装 下塗り
    付帯部塗装を行っていきます。付帯部は下地調整(ケレン)を行い、塗装していきます。使用材料:アステックペイント マックスシールドSi
  • 破風 中塗り上塗り
    中塗り・上塗りと塗っていきます。
  • 霧除け 錆止め
    霧除けには、下塗りとして錆止めを塗ります。
  • 霧除け 中塗り
    中塗りです。
    アステックペイント:マックスシールドSi
  • 霧除け 上塗り
    上塗りで仕上げます。
    アステックペイント:マックスシールドSi
  • 雨戸戸袋塗装 マックスシールド1500si-JY
    木部の雨戸戸袋も同様にケレンして塗装していきます。
  • 雨戸戸袋塗装 マックスシールド1500si-JY
    中塗り後に上塗りを塗ります。
  • 雨樋塗装 マックスシールド1500si-JY
    雨樋もケレン後に塗装します。
  • 雨樋塗装 マックスシールド1500si-JY
    ローラーや刷毛を使い細かい箇所まで塗装します。
  • ベランダ格子塗装 マックスシールド1500si-JY
    ベランダの鉄骨も他の鉄部同様にケレン・錆止め・中塗り・上塗りと塗装します。
  • 屋根カバー工事
    外壁の施工が終わったら屋根カバー工法に入ります。
  • 役物撤去
    まずは、棟板金や雪止めを撤去し屋根をスレートのみのフラットな状態にします。
  • 役物撤去
    棟板金の下地材である貫板も撤去します。
  • ルーフィング ニューライナー
    ルーフィングを敷いていきます。
    使用材料:TAJIMAルーフィング ニューライナールーフィング
  • ルーフィング ニューライナー
    ルーフィングは屋根防水の要といっても過言ではありません。隙間が空かないよう、既定の重なり幅で全面敷いていきます。
  • 本体工事 ニチハ横暖ルーフαS
    本体を葺いていきます。
    使用材料:ニチハ 横暖ルーフαSちぢみ Cブルー
  • 本体工事 ニチハ横暖ルーフαS
    雪止めは、千鳥に取り付けていきます。
  • 本体工事 棟施工
    本体が葺き上がったら棟を施工します。
    棟板金の下地には樹脂製の貫板、タフモックを使用します。
  • 本体工事 棟施工
    タフモックに棟包みをビスで取り付けていきます。
  • 本体工事 棟施工
    棟が交わる部分はその場で職人が棟包みを加工し、納めていきます。
  • 本体工事 棟施工
    棟板金の継ぎ目にはコーキングで防水処理を施します。
  • 大屋根 施工後
    大屋根の施工が終わりました。
    綺麗に仕上がりました!
  • 下屋根 役物撤去
    下屋根も同様に施工します。
    役物を撤去します。
  • 下屋根 ルーフィング
    ルーフィングを貼ります。
  • 下屋根 役物取り付け
    ルーフィング後に役物を取り付けます。
  • 下屋根 本体工事
    本体を葺き上げていきます。
  • 下屋根 棟施工
    棟板金を施工して完了です。
    綺麗に仕上がりました。
  • 施工後 屋根
    横暖ルーフαSのちちみブルーが綺麗に仕上がりました!
  • 施工後 外壁
    築年数を感じさせない程、綺麗な仕上がりになっています。
  • 施工後 全景
    全ての工事が終わり最終完了検査も終わりました。
    弊社では、中間検査、完了検査と数回の検査を行います。
  • 施工後 全景
    ナタリールーフでは、工事完了後
    3ヶ月・6ヶ月・1年・1年毎に定期点検に伺わせて頂きます。
    これからも長いお付き合いをさせて頂ければと思います。
    ありがとうございました!

私が担当しました!

営業

樋口 健KEN HIGUCHI

趣味
プロ野球観戦
お客様への一言
常にお客様目線に立ち、最善のご提案を致します!
所有資格
・雨漏り診断士
・外壁診断士
・足場組立て等作業主任者
・職長・安全衛生責任者
・フルハーネス特別教育
・ニチハ金属外装施工士
・ROOGA施工技術者
・荷上げ機特別教育修了者
・アステックペイント技術研修会修了
・有機溶剤作業主任者技能講習修了

塗装職人

野島 正TADASHI NOJIMA

趣味
ダーツ・子供と遊ぶこと・塗装
お客様への一言
お客様とコミニュケーションを取りながら、希望や不満をできる限り解消し満足頂けるよう心がけて塗装させてもらってます!

屋根職人

田渕 光HIKARI TABUCHI

趣味
メダカ飼育・パソコン
お客様への一言
屋根のことばかり考えています。
屋根は下から見えないところなので、お客様に安心して頂けるように誠実な工事を心掛けています。

屋根職人

諏佐 貴利TAKATOSHI SUSA

趣味
音楽鑑賞、買い物
お客様への一言
全てのお客様に満足していただけるように丁寧な作業を心掛けます!!

ご来店予約

診断無料

0120-303-905 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介