現場ブログ|ナタリールーフ|入間市・狭山市密着の屋根リフォーム・雨漏り専門店ならお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 ナタリールーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-905

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日年中無休
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根カバー工法を失敗しない為のポイント5選

屋根カバー工法を失敗しない為のポイント5選

お悩み

2023.04.10 (Mon) 更新

皆様こんにちは!
入間市・狭山市・飯能市・所沢市に地域密着の

屋根リフォーム専門店 ナタリールーフです。

いつもナタリーのブログをご覧頂きありがとうございます!

地域の皆様に、屋根リフォームで失敗しないために屋根に関する基礎知識をご紹介させていただきます。

〜屋根カバー工法を失敗しない為のポイント5選

一昔前までは、屋根カバー工法は、業者の方から提案しなければ知られていないような施工方法でした。

ですが昨今では、塗装工事と並ぶ程に世間に浸透してきたと感じます。

人気の屋根カバー工法ですが、塗装よりも施工方法は複雑で注意すべき点もいくつかあります。

今回は、屋根カバー工法を失敗しない為に抑えておいて頂きたいポイント5選を解説させて頂きます!


目次

1. 屋根カバー工法とは

2. 屋根カバー工法でチェックしておくべきポイント

野地板
勾配
ルーフィング(防水紙)
屋根材の種類

3. どんな業者に頼めばいいの?

4. まとめ


1. 屋根カバー工法とは

屋根カバー工法

屋根カバーエ法は、既存の屋根の上に新しい屋根材を乗せ、古い屋根ごとを新しい屋根材でそっくり包み込んでしまう工法です。

主に、既存屋根がスレート屋根やトタン屋根で用いられる屋根メンテナンス方法です。

既存の屋根材をそのまま残すため、屋根材撤去の費用がかからず、期間も短縮されるという特徴があります。廃材が出ないので環境に優しい工法でもあります。

屋根のメンテナンスを定期的に行うという考え方ではなく、一度のメンテナンスで長期的に屋根を保護し、将来にわたって発生する費用(ライフサイクルコスト)を抑えるという観点からも屋根カバー工法は、お得と考えられます。

最近では、塗装できないノンアスベストのスレート屋根材をメンテナンスする際に採用されることも多くなりました。

塗装できない屋根材7種類を紹介❗️

屋根カバー工法は、新しいルーフィング(防水紙)を貼ってから軽量の金属屋根材を葺く工法なので、塗装工事ではメンテナンスできないルーフィング(防水紙)が新しくなることが大きなメリットです。
既存のルーフィング・屋根材を含めて屋根の防水性が二重になるのも安心できるポイントです。

デメリットとして考えられるのは、既存の屋根の上に更にルーフィング・屋根材を一式まるまると載せることによる重量増加ですが、各メーカーが扱っているカバー工法に使用できる金属屋根材は、「ガルバリウム鋼板製」なので非常に軽量かつ耐久性に優れています。重量増加による住宅に加わる負担は、軽微と考えられています。

あくまでも、屋根の全面改修工事の中でコストパフォーマンスに優れているということであって、住宅への負担などを考えると屋根葺き替え工事が最も適したメンテナンス方法と言えるでしょう。

屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を全て撤去してから新しく屋根材を葺く工法です。

屋根上の既存の資材を全て撤去してしまうので、屋根の骨組みである垂木や野地板が傷んでいないかどうかをしっかりと確認することができます。傷んんでいた場合は、劣化箇所を修復してから屋根を葺くことができるので、屋根をしっかりと治したい方にお勧めです。

↓屋根葺き替え工事については、こちら

屋根リフォーム種類


施工方法

1.既存役物金撤去(棟板金・雪止め)

まずは、既存の役物を撤去します。棟板金、貫板(棟板金を取り付ける為の木下地)雪止めを撤去し、スレートのみの平らな状態にします。

役物撤去の工程

役物撤去
電動工具サンダーを使って雪止めを根本でカットしていく

2.ルーフィング  (防水紙 )

施工中

ルーフィング(防水紙)を貼っていきます。改質アスファルトの下葺き材です。

弊社では、粘着式の防水紙を採用しています。通常ですと新築などで使用される粘着式でない防水紙を釘で打って貼っていくのですが、なるべく屋根に穴を開けたくないので、弊社では、粘着式を採用しています。※釘で留めていく工法でも問題はありません。
ただし、アスベストが含まれている可能性のある年代のスレート屋根の場合は、粘着タイプが使用できないので釘打ちで貼っていきます。

※もし解体するようなことになった場合、アスベストが含まれている屋根材と防水紙が分離できなくなる為。

屋根の施工では、雨水の侵入を防ぐ為に、どの作業も下から上へと施工します。防水紙も軒先から棟へ向かって貼っていきます。

弊社では、ルーフィングメーカー大手のTAJIMAの防水紙を採用しています。防水紙にも様々なグレードがありますので、屋根カバー工法をする際は、見積もり段階でご確認することを強くオススメします。

3.役物取り付け

防水紙を貼り終わったら、軒先唐草・軒先水切り・谷板金・ケラバ水切りなどの本体を葺く為の部材を取り付けます。

役物紹介

4.本体施工

施工中

本体工事に入ります。

敷いたルーフィングの上から屋根材を葺きます。屋根材には、横葺きと縦葺きと種類があり、いずれも一枚一枚ビスで固定して葺きます。

屋根カバーに適している屋根材は、各メーカーから豊富なラインナップが出ています。

20年以上前から人気なのがガルバリウム鋼板です。超軽量かつ錆びにくく30年の保証をつけているメーカーもあります。

デザインも豊富なので、お好みで屋根材を選ぶことで屋根の模様替えにもなります。

↓ナタリールーフで行った屋根カバー工法の一連の作業内容がわかる動画です。


2. 屋根カバー工法でチェックしておきたいポイント

屋根カバー工法の仕組みや工程を理解して頂いたところで、本題です。

屋根カバー工法を行う上でのチェック(注意)しておきたいポイントをご紹介します。

絶対に失敗できない屋根カバー工事なので、業者にお願いする前に、ご検討されている方々にもしっかりと把握しておいて頂きたいポイントです。

野地板

屋根葺き替え工事 野地板張り

最初にチェックしておきたいポイントは、屋根の土台でもある「野地板」

屋根材を屋根に固定する為に重要なのが下地材である「野地板」と「垂木」です。

屋根は、垂木の上に野地板を貼り、その上にルーフィング・屋根材を取り付けていきます。

劣化が進み耐久性が弱くなっている状態の野地板に屋根カバー工法してしまえば、どれだけしっかりと施工したところで台風などの強風によって下地から剥がれてしまう可能性もあります。

雨漏りしていた場合は得に、野地板が腐食してしまっている可能性が高いです。

スレート雨漏れ

築年数がかなり経過している場合や、既存の屋根材が割れてしまっている場合は、雨漏りの症状が確認出来なくても、剥がして見たら野地板がグズグズなんてことも多くあります。

見積もり段階で野地板に問題がないかどうかをしっかりと業者に確認しましょう。

1番確実なのは、屋根上に上がってもらい、野地板状態を確認してもらうことです。

野地板が傷んでしまっていると、乗った時に屋根が沈み込むように柔らかく感じます。

ここで注意しなければならないのは、1990年から2007年前後までに建てられたお家の屋根は、塗装できないノンアスベストスレート屋根材を使用している可能性が非常に高いです。

これらの屋根材は、非常に脆く作られているので、人が屋根上を歩くだけで割れてしまいます。いくら屋根カバーをするからとはいえ、安易に人を屋根上に上げるのはやめましょう。

任せる業者が決まった段階で最終確認の為に一度登って確認してもらうのが良いでしょう。

勾配

勾配

勾配による失敗もよく耳にします。

勾配とは、屋根の傾斜のことを指します。同じように見える屋根の勾配も家の形によって様々な角度になっています。

なぜ勾配によって屋根カバー工法が失敗することがあるのか

それは、勾配によって使用できる屋根材が変わってくるからです。

屋根勾配は、急勾配・並勾配・緩勾配3種類に分けられます。

急勾配の場合、屋根の勾配が大きく、大きいほど垂直に近づいていきます。

屋根の勾配が小さくものを緩勾配(かんこうばい)といいます。

急勾配 (6寸勾配/約182mm/約31°)以上

ルーフタイルジャパン一閃 屋根カバー工法 施工後

並勾配(3寸勾配(約91.0〜152.0mm)〜5寸勾配(約91.0〜152.0mm)以上

スレート屋根葺き替え工事 ニチハ 横暖ルーフαS 施工後

緩勾配(3寸勾配(約91.0/約16.7°)以下

屋根葺き替え工事 瓦U デコルーフ333 

皆様のお家の屋根は、どれくらいの傾斜でしょうか。

お住まいのお図面が残っていれば、立面図に記載されていると思いますので屋根材を決める前に調べてみてください。

もしお家の屋根勾配が緩勾配だった場合、使用出来る屋根材は、限られてしまいます。

各メーカーから様々な屋根材が発売されていますが、ぞれぞれに使用出来る勾配が決まっています。

屋根には、横葺き(ヨコブキ)と縦葺き(タテブキ)の2種類の葺き方があるのですが、横葺きの屋根材だと、緩勾配に適していないものがほとんどなんです。

横葺きとは、軒先から水平に屋根材を葺いていき、重ねるように上へと屋根材を葺いていく屋根です。瓦・スレートなどの多くの屋根材が横葺きです。

ニチハ横暖ルーフαS 棟包み取り付け

横葺き ニチハ横暖ルーフ

縦葺きとは、縦方向に一枚モノの屋根材を横方向に葺いていく屋根です。トタンやガルバリウム鋼板屋根などの金属屋根材が縦葺きで使用されています。

屋根カバー工事 デコルーフ333

縦葺き ビルトマテリアル デコルーフ

上記の2種類では、縦葺きの方が緩い勾配でも使用可能です。

横葺きの屋根材は、軒先から重ねて葺いていく為、横方向に継ぎ目が出来てしまいます。

ですが、縦葺きの屋根は、一枚物を軒先に対して垂直方向に葺いていくので横方向の継ぎ目が出来ません。

決して横葺きの防水性が悪いということではありません。

緩い勾配の場合、雨水の流れ落ちる速度も緩くなってしまうことで屋根に雨水が滞留しやすくなり、横方向の継ぎ目がある横葺きでは漏水してしまう要因が増えてしまいます。

一方、縦葺きの屋根材は、横に継ぎ目が出来ないので、屋根の勾配に関係なく雨水が侵入する要因が少なく緩い勾配でも使用可能な作りになっています。

↓屋根勾配についての詳しい解説は、こちら

屋根の勾配とは

ルーフィング(防水紙)

ルーフィング

屋根の防水上、最も重要とされているのがルーフィング(防水紙)です。

ルーフィングとは、下葺き材とも呼ばれる屋根材と野地板の間に貼る防水シートのことです。

雨水を屋内(屋根裏)に入れず外(軒先)に流す役割を持ちます。

↓ルーフィングについての詳しい解説は、こちら

ルーフィングとは?基礎知識を徹底解説!

屋根カバー工法の失敗として致命的なのが、ルーフィングをきちんと選定せずに低グレードのルーフィングを使用してしまうことです。

ルーフィングは、外からは見えない分、重要視しない工事会社も少なくありません。

悪質なケースでは、見積もりに「ルーフィング」とだけしか記載せずに、グレードの低いルーフィングを使用されるケースもあるので注意が必要です。

アスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィングの2種類が一般住宅では、主に使用されています。

二つの違いは、簡潔に言えば、アスファルトルーフィングに改良を加え、耐久性や作業性を上げたのが改質アスファルトルーフィングです。

屋根材と同様にルーフィングにも様々なメーカーや種類があります。

耐用年数が長くグレードの高いものや、屋根カバー工法に適した粘着性タイプや遮熱効果が期待できるものなど様々です。

屋根カバー工法をするのであれば、最低でも改質アスファルトルーフィングを使用してください。

屋根カバー工事をしようと考えた時、どうしても屋根材選びをメインに考えてしまいがちです。

ですが、屋根カバー工法にとって「ルーフィング(防水紙)は、屋根材以上に雨漏りを防ぐ大きな役割を果たしています。

屋根カバー工法を失敗しない為には、見積もり段階で使用するルーフィングの特徴や耐用年数を確認しておくことが大切です。

ルーフィングを軽んじている業者であれば屋根工事を依頼するのは辞めた方が懸命です。

また、ルーフィングは、屋根材を葺いてしまうと隠れてしまうので、工事中に写真や動画を撮ってもらい指定したルーフィングが使われているかを確認することも大切です。

↓弊社で採用している最高品質のニューライナールーフィングについての詳しい解説は、こちら

ニューライナールーフィングが屋根葺き替え工事に適している理由とは?

屋根材

屋根カバー工法するには、決して安くはない費用がかかります。

仮説足場を組み立てたり、音の出る作業があったりとご近隣の方々にも迷惑をかけます。

おいそれと行える工事ではありません。

仮設足場組立

屋根材選びは、失敗してしまうと取り返しがつきません。

現在、屋根カバー工法可能な屋根材は、各メーカーから数多く販売されています。

材質や特徴によって耐久年数・使用可能な勾配・外観なども様々です。

1㎡あたりの金額も屋根材によって様々で、ものによっては「何十万円」も差があることもあります。

業者に指定された屋根材で決めてしまわずに、耐久性や外観など、お住まいの用途にあった屋根材を慎重に選ぶことが大切です。

屋根専門店などのショールームに行けば実物の屋根材を展示している店舗も多くあります。

屋根上に葺いてしまえば見ることの出来ない屋根材を実際に手に取り見てみることもオススメです。

ショールーム 屋根

↓屋根材の詳しい解説は、こちら

屋根材の種類


3. どのような業者に頼めばいいのか

ここまで、屋根カバー工法を失敗しない為のポイントをご説明させて頂きましたが、何よりも1番大事なのは、「信頼できる業者」を選ぶことです。

どれだけ失敗しないポイントを抑えようが実際に工事するのは、業者と職人です。

お恥ずかしい話ですが、リフォーム業界には「悪質な業者」が横行しています。

クライアントが「なにもわからない」「見えない」のをいいことに「詐欺」「手抜き」「知識不足」などがまかり通ってしまう業界です。

ですが、誠実な業者も多く存在します。

では、どうしたら悪質な業者から逃れ、誠実で信用できる業者に出会うことができるのでしょうか。

基本中の基本ですが、見積もりは、面倒臭がらずに絶対に「複数社から取る」ようにしてください。

自分は、悪質な業者に騙されないという過信はいけません。

一社の見積もりでは、その業者がいいのか悪いのかは、わかりません。

悪質な業者は、さも信用出来そうな顔をして間違った工事内容や内容に見合っていない見積もりを提示してきます。

業者の実績・職人の質・評判などをしっかりと調べましょう。

何十万、何百万もするお買い物を、「大丈夫だろう」では決めてはいけません。

複数の見積もりを取り、工事内容を把握し、金額の相場を知ることが大切です。

↓屋根カバー工事の業者選びについての詳しい解説は、こちら

屋根修理業者の選び方


4.まとめ

この記事を読まれている方の多くは、屋根カバー工事をお考えになられている方かと思います。

屋根カバー工法は、確かにコストパフォーマンスに優れていますが、決して安いお買い物ではありません。

人生において多くの方は、一度しかしないような工事です。

失敗したから、もう一度!なんてことは、なかなか出来ません。

失敗しない為の最大の秘訣は、焦らないことです。

雨漏りを発見してしまったとしても、一旦落ち着いてください。

一日二日で、家が壊れることはありません。

焦っておかしな業者に依頼して、おかしな工事をしてしまう方が、よっぽどお住まいにも家計にもよくありません。

色々な業者と会い、様々な見積もりをもらい、じっくり悩んんで、絶対に失敗しない屋根カバー工法にしましょう。

少しでも、屋根リフォームに不安を抱えているようでしたらナタリールーフにお気軽にご連絡ください!

屋根のプロフェッショナルが皆様のお悩みをきちんと解決します。


1月の目玉キャンペーン!

チラシ

限定5❗️ 足場半額キャンペーン開催中

日頃の感謝を込めて、ご成約特典として足場代を半額にさせて頂きます!

我が家をメンテナンスしたいけど「足場代が高い」からと見送ってしまっている方は、是非このチャンスをお見逃しなく!

ご成約頂いた方からの先着5棟までのキャンペーンとなっております!

5棟だけで申し訳ございません。。早いもの勝ちになってしまいますのでお急ぎください❗️


普段見る機会が少ない屋根、劣化してからでは遅いです!
そうならないためにもこの機会に無料屋根診断でお家の屋根の様子をチェックしましょう!!

無料見積もり


梅雨前のこの時期に済ませておきたい「屋根のリフォーム」

梅雨が始まってから慌てて屋根のリフォームをしようとしても遅いんです!

しっかりとした施工店では、3ヶ月後まで予約で埋まってるなんてことは、ざらにあります。

せっかくの屋根リフォーム、慌てて業者を選んで失敗したなんてことじゃ困りますよね。

梅雨前で予約が殺到する前に、余裕を持った屋根のリフォームは、いかがですか?

チラシ

ナタリールーフでは、屋根カバー工法できる

屋根材の二代巨頭

石付きガルバリウム鋼板屋根材「一閃」

ガルバリウム鋼板の王道横暖ルーフ」

が大人気❗️

今、大人気の屋根材 ”一閃” とは??

地元で取り扱えるのは、ナタリールーフのみである「一閃」は高耐久のガルバリウム鋼板に石粒によるコーティングを施した新しい屋根材です。

高い耐久性と、上品内意匠性に優れる屋根材です。

ナタリールーフの”一閃”の施工事例はコチラ!!

施工事例

金属屋根材の王道 ”横暖ルーフ” とは??

日本の建築資材をリードする建材メーカー「ニチハ」が販売する

耐風性・耐震性・断熱・遮音・耐候性に優れた、言わずと知れた金属屋根材のハイエンドモデルです!

メーカーとナタリールーフ、ダブルの長期保証で工事後も安心・安全に過ごせます。

屋根カバー工事 ニチハ 横暖ルーフαプレミアムS

↓ナタリールーフの”横暖ルーフ”の施工事例はコチラ!!

チラシ


ナタリールーフが取り扱う屋根材の種類は、地域No.1

チラシ

ナタリールーフのイチオシは、「一閃」「横暖」だけでは、ございません!

お困りのお客様に丁寧にヒアリングを行い、お客様の様々なニーズに合わせた最適な屋根材をご提案させて頂いております❗️

チラシ

屋根材の材質やグレードによって費用も様々。お客様のニーズに合った複数のご提案、分かりやすい丁寧な説明と、透明性のあること細かい見積もりが、弊社が地域の皆様に選んで頂いている理由です!

チラシ

小粒ではありますが、入間市のジョンソンタウンにショールーム構えております。

ご相談の際は、是非ショールームにお越しください!

各メーカーの豊富なラインナップを揃えておりますので、気になる屋根材を実際に触って間近で見てみてください!


雨漏りの修理・屋根の補修もお任せください!

チラシ

屋根カバーだけでは、ありません!

補修工事もお任せください!

「雨樋の破損」は、もちろんのこと、原因究明が難しいとされる「雨漏りの修理」から、瓦屋根の「漆喰補修」まで、経験豊富なベテラン屋根職人が、オールラウンドに対応させて頂きます!


ナタリー”ルーフ”だからって塗装苦手だと思ってませんか?!

チラシ

「ナタリールーフは、屋根専門店だから塗装工事は、苦手なんでしょ?」

なんて大間違い❗️❗️

屋根の工事は、高所作業になる為、足場を組むことがほとんどです。足場を組んで屋根だけメンテナンスするのは、もったいないですよね??

ナタリールーフでは、塗装専門の経験豊富なベテラン職人が自社職人として、多数働いております!

扱える塗料も屋根材に負けないくらい豊富に取り揃えております。

屋根・外壁を塗装でメンテナンスをお考えの際は、是非ナタリールーフにご相談ください!

塗装工事でも、地域No.1の品質を保証します❗️

↓塗装工事の施工事例は、こちら

チラシ


入間市の屋根リフォームの

相場を知りたいならまず!

見積もりを取ってみてください!(無料)

屋根リフォームの相場を知るためにも

まずは見積もりを取ることをお勧めします!

また見積もりを取る際は一社だけではなく、

3社ほど見積もりを取ることをお勧めします。

ナタリールーフでは見積もり無料です!

是非お気軽にお問い合わせください!

入間市・所沢市・狭山市・飯能市で

屋根リフォームをお考えなら

まずはフリーダイヤル 0120-303-905 までお電話を!

屋根・外壁リフォームのプロフェッショナル集団が

お客様のリフォームをしっかりとサポートいたします。

▽屋根リフォームなら、まずは無料屋根診断

でお気軽にご相談くださいませ。

入間市・所沢市・飯能市・狭山市での屋根リフォームの累計施工実績3000件

信頼と実績を誇るナタリールーフが、お客様のご自宅の状況を判断して最適な屋根リフォームをご提案させていただきます!

みなさまからのお問合せ心よりお待ちしております!

フリーダイヤル 0120-303-905

〒358-0002 埼玉県入間市東町1丁目6-5-2F

電話受付/9時~18時   年中無休

↓現場ブログではご紹介しきれない工事の詳細まで施工事例で一挙後悔❗️

施工事例

関連ブログ

屋根修理業者の選び方

塗装できない屋根材”レサス”の正しいリフォーム方法

塗装に不向きな屋根材 アーバニーのメンテナンス方法|塗装できない屋根

ご来店予約

診断無料

0120-303-905 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介