現場ブログ|ナタリールーフ|入間市・狭山市密着の屋根リフォーム・雨漏り専門店ならお任せ

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 ナタリールーフ

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-905

  • 受付9:00~18:00
  • 定休日年中無休
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / コロニアルNEOを塗装してしまったらどうしたらいいの?!

コロニアルNEOを塗装してしまったらどうしたらいいの?!

お悩み

2023.03.22 (Wed) 更新

皆様こんにちは!
入間市・狭山市・飯能市・所沢市に地域密着の

屋根リフォーム専門店 ナタリールーフです。

いつもナタリーのブログをご覧頂きありがとうございます!

お客様から多く寄せられる質問にお答えしたいと思います。

今回は、コロニアルNEOのメーカー保証のクレームについて!

↓コロニアルNEOの詳しい解説は、こちらから

塗装できない屋根材”コロニアルNEO”とは!?


東京都武蔵村山市K様から寄せられたご質問

Q, 数年前に塗装したのですが、屋根が割れて落ちてきました。

3年前に塗装したのに屋根材が割れて落ちてきました。

どうしてでしょうか?落ちてきた箇所を修理したほうがいいでしょうか?

塗装をお願いした業者は、連絡が取れません。対応策を教えてください。

A, 拝見させて頂いた結果、塗装してはいけない屋根材のコロニアルNEOでした。

屋根材が落下してきた原因は、塗装工事したことも原因の一つでしょう。

コロニアルNEO

屋根が落ちてきたということで調査させて頂いた結果、コロニアルNEOを塗装していました。

クボタ(現KMEW)から2001年から2008年の間、販売されたコロニアルNEOは、耐久性の乏しいノンアスベスト屋根材として、その8年間の間に数多くの戸建住宅に採用されてしまいました。その後、築10年前後で、ヒビ割れ・欠落などの症状が数多く報告されています。

先述したようにコロニアルNEOは、耐久性に乏しいスレート屋根材です。築10年前後を過ぎると経年劣化により耐久性は、更に無くなっていきます。

そのような状態の屋根材の上で、人が歩き作業をすれば、どうなるでしょうか?

塗装工事で綺麗にするつもりが更に劣化を加速させてしまいます。

塗装工事の際、ヒビ割れていた箇所は、コーキング補修で処理するの為、塗装後は、一時的に綺麗になります。

しかし数年後には、ヒビ割れていなかった箇所がヒビ割れや欠けが起こり、塗装前の状態よりも悪化するケースがほとんどです。

現在は、耐用年数の長い高耐候な塗料も多く販売されていますが、コロニアルNEOなどの塗装してはいけないスレートに塗装しても、全く無意味になってしまいます。

5年程持てばいいと割り切って塗装工事するのであれば致し方ありませんが、かなりのリスクがある工事と理解した上でお考えください。

コロニアルNEOを塗装してしまうと、どのようなことになるのかをこちらで詳しく解説しております。

ご参考ください。

コロニアルNEOって塗装したらどうなるの?の疑問を解決します❗️

すでに割れてきてしまっているのであれば、なるべく早い段階で再度メンテナンスを行う必要があります。

まず、コロニアルNEOの場合、部分補修(修理)は難しいです。

スレートの割れや欠落などの補修には、「コーキング補修」「スレートの差し替え」があります。

コーキング補修とは、割れている箇所にコーキングを塗り、割れた破片をくっつけます。

屋根クラック補修

応急処置としては、非常に有効ですが、コーキングが劣化してしまえば、また剥がれ落ちてきます。

更に、スレートが落下した位置にもよりますが、先述したように補修作業の為にコロニアルNEOの上に乗ること自体がお勧め出来ません。

スレートの差し替えは、破損し落下したスレートを撤去し、新しいスレートを入れ込む工事です。

スレート落下箇所補修

スレート自体を交換できるので、スレート屋根の補修工事では、ポピュラーな工事です。

しかし、差し替える為には、一枚のスレートだけを剥がす必要があります。スレートは、軒先から順に葺いていくのですが、一段目を葺き終わった後に、一段目の釘で留めている箇所を隠すように次の段のスレートを被せていきます。

このような構造の為、最上段のスレート以外は、釘を抜いて剥がすことが難しく、一枚だけを剥がすのは非常に困難な作業です。

差し替える際は、「ズリッパー」という専用のスレート釘抜き器を、スレートが重なりあっている箇所に差し込み、撤去したいスレートの釘を半ば強引に抜きます。その作業は、アスベストが含まれているタイプの屋根でも、周りのスレートを割らずに、一枚だけを撤去することが難しいです。耐久性が無く割れやすいコロニアルNEOを、限定的な箇所のみ差し替えるのは、現実的ではありません。

更にコーキング補修同様、補修作業の為にコロニアルNEOの上に乗ること自体がお勧め出来ません。


コロニアルNEOに有効的なメンテナンス方法は、2パターンあります。

屋根カバー工法屋根葺き替え工事です。

屋根カバー工法は、既存のコロニアルNEOの上に新しくルーフィング(防水紙)を貼り、新しい屋根材を被せる工法です。

メリットは、屋根で最も重要な、ルーフィングを新しくできるかつ、既存のルーフィングと屋根材が下にあることで、屋根の防水性能が二重になることや、葺き替えと違い既存の屋根材を撤去する必要がないので、施工費・産廃費ともに抑えられ最小限のコストで屋根全体を新しくできることです。

デメリットは、上からルーフィング・屋根材を重ねることにより、屋根に加わる重さが増えてしまうことです。

ですが、昨今の屋根カバー工法で使用する屋根材は、とても軽量なので耐震性への影響は、ほとんどないと言われています。

↓屋根カバー工法について詳しい解説は、こちら

屋根カバー工法を失敗しない為の基礎知識

屋根葺き替え工事は、既存のスレートを撤去して、新しい屋根材で葺き替えるメンテナンス方法です。下地から補修・点検できるため、費用は嵩みますが屋根の寿命を大きく伸ばすことができます。

野地板増し貼り

↓屋根葺き替え工事の詳しい解説は、こちら!

屋根リフォーム種類

↓葺き替え工事の様子をご覧ください!

一部の悪質な塗装業者により、コロニアルNEOの正いメンテナンス方法を知らずに塗装してしまったお客様は、弊社でも非常に多いです。

塗装してしまったことで、雨漏りに繋がってしまった方もいらっしゃいます。

塗装は、馴染みもあり、比較的コストが抑えられる有効な屋根のメンテナンス方法の一つではありますが、用途を誤ってしまえば、より屋根の劣化を加速させる結果になります。

材質をしっかりと見極めて、それぞれにあったメンテナンスを行うようにしましょう。

少しでも、屋根リフォームに不安を抱えているようでしたらナタリールーフにお気軽にご連絡ください!

屋根のプロフェッショナルが皆様のお悩みをきちんと解決します。


3月の目玉キャンペーン!

チラシ

限定5❗️ 足場半額キャンペーン開催中

日頃の感謝を込めて、ご成約特典として足場代を半額にさせて頂きます!

我が家をメンテナンスしたいけど「足場代が高い」からと見送ってしまっている方は、是非このチャンスをお見逃しなく!

ご成約頂いた方からの先着5棟までのキャンペーンとなっております!

5棟だけで申し訳ございません。。早いもの勝ちになってしまいますのでお急ぎください❗️


普段見る機会が少ない屋根、劣化してからでは遅いです!
そうならないためにもこの機会に無料屋根診断でお家の屋根の様子をチェックしましょう!!

無料見積もり


梅雨前のこの時期に済ませておきたい「屋根のリフォーム」

梅雨が始まってから慌てて屋根のリフォームをしようとしても遅いんです!

しっかりとした施工店では、3ヶ月後まで予約で埋まってるなんてことは、ざらにあります。

せっかくの屋根リフォーム、慌てて業者を選んで失敗したなんてことじゃ困りますよね。

梅雨前で予約が殺到する前に、余裕を持った屋根のリフォームは、いかがですか?

チラシ

ナタリールーフでは、屋根カバー工法できる

屋根材の二代巨頭

石付きガルバリウム鋼板屋根材「一閃」

ガルバリウム鋼板の王道横暖ルーフ」

が大人気❗️

今、大人気の屋根材 ”一閃” とは??

地元で取り扱えるのは、ナタリールーフのみである「一閃」は高耐久のガルバリウム鋼板に石粒によるコーティングを施した新しい屋根材です。

高い耐久性と、上品内意匠性に優れる屋根材です。

ナタリールーフの”一閃”の施工事例はコチラ!!

施工事例

金属屋根材の王道 ”横暖ルーフ” とは??

日本の建築資材をリードする建材メーカー「ニチハ」が販売する

耐風性・耐震性・断熱・遮音・耐候性に優れた、言わずと知れた金属屋根材のハイエンドモデルです!

メーカーとナタリールーフ、ダブルの長期保証で工事後も安心・安全に過ごせます。

屋根カバー工事 ニチハ 横暖ルーフαプレミアムS

↓ナタリールーフの”横暖ルーフ”の施工事例はコチラ!!

チラシ


ナタリールーフが取り扱う屋根材の種類は、地域No.1

チラシ

ナタリールーフのイチオシは、「一閃」「横暖」だけでは、ございません!

お困りのお客様に丁寧にヒアリングを行い、お客様の様々なニーズに合わせた最適な屋根材をご提案させて頂いております❗️

チラシ

屋根材の材質やグレードによって費用も様々。お客様のニーズに合った複数のご提案、分かりやすい丁寧な説明と、透明性のあること細かい見積もりが、弊社が地域の皆様に選んで頂いている理由です!

チラシ

小粒ではありますが、入間市のジョンソンタウンにショールーム構えております。

ご相談の際は、是非ショールームにお越しください!

各メーカーの豊富なラインナップを揃えておりますので、気になる屋根材を実際に触って間近で見てみてください!


雨漏りの修理・屋根の補修もお任せください!

チラシ

屋根カバーだけでは、ありません!

補修工事もお任せください!

「雨樋の破損」は、もちろんのこと、原因究明が難しいとされる「雨漏りの修理」から、瓦屋根の「漆喰補修」まで、経験豊富なベテラン屋根職人が、オールラウンドに対応させて頂きます!


ナタリー”ルーフ”だからって塗装苦手だと思ってませんか?!

チラシ

「ナタリールーフは、屋根専門店だから塗装工事は、苦手なんでしょ?」

なんて大間違い❗️❗️

屋根の工事は、高所作業になる為、足場を組むことがほとんどです。足場を組んで屋根だけメンテナンスするのは、もったいないですよね??

ナタリールーフでは、塗装専門の経験豊富なベテラン職人が自社職人として、多数働いております!

扱える塗料も屋根材に負けないくらい豊富に取り揃えております。

屋根・外壁を塗装でメンテナンスをお考えの際は、是非ナタリールーフにご相談ください!

塗装工事でも、地域No.1の品質を保証します❗️

↓塗装工事の施工事例は、こちら

チラシ


入間市の屋根リフォームの

相場を知りたいならまず!

見積もりを取ってみてください!(無料)

屋根リフォームの相場を知るためにも

まずは見積もりを取ることをお勧めします!

また見積もりを取る際は一社だけではなく、

3社ほど見積もりを取ることをお勧めします。

ナタリールーフでは見積もり無料です!

是非お気軽にお問い合わせください!

入間市・所沢市・狭山市・飯能市で

屋根リフォームをお考えなら

まずはフリーダイヤル 0120-303-905 までお電話を!

屋根・外壁リフォームのプロフェッショナル集団が

お客様のリフォームをしっかりとサポートいたします。

▽屋根リフォームなら、まずは無料屋根診断

でお気軽にご相談くださいませ。

入間市・所沢市・飯能市・狭山市での屋根リフォームの累計施工実績3000件

信頼と実績を誇るナタリールーフが、お客様のご自宅の状況を判断して最適な屋根リフォームをご提案させていただきます!

みなさまからのお問合せ心よりお待ちしております!

フリーダイヤル 0120-303-905

〒358-0002 埼玉県入間市東町1丁目6-5-2F

電話受付/9時~18時   年中無休

↓現場ブログではご紹介しきれない工事の詳細まで施工事例で一挙後悔❗️

施工事例

関連ブログ

塗装できない屋根材”グリシェイドNEO”とは!?

塗装できない屋根材”レサス”とは!?

塗装できない屋根材”アーバニー”とは!?

塗装できない屋根材”パミール”の施工方法

ご来店予約

診断無料

0120-303-905 受付 9:00~18:00
定休日 年中無休 お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介